2010年06月25日

デュラララ 24話を見て

ネタバレ注意
とうとう最終回

頭からいきなり予想外の展開だったけど、こうゆう展開嫌いじゃない
セルティと杏里と後から駆けつける静雄で無双が始まるのかと思ってたけど、それじゃ在り来りすぎですね。
この展開で良かった。

ホラダは逃げるもあまり見せ場のなかった白バイ部隊に逮捕
ざまぁって感じで爽快
でもあの白バイ部隊とは結局何だったんだ?
重要そうに見えたが結局セルティを怯えさせるだけで終わってしまった。
原作ではもっと話に絡んできたりするのかな?

そしてこれでダラーズと黄巾賊の抗争も終結
セルティのサービスシーン(?)とか挟んでエンディングへ

まとめ方としてはきれいなまとめ方だったと思う。
セルティの首は結局戻らずじまいだったけど、セルティ自身も首を探すことに執着していないので戻らずじまいでも問題ないと思う。


全話振り返ると1クール目に見られた最初の視点では謎だけど、別の視点では答えが見えてくるって演出が好きだった。
後半は謎を解くというよりも問題を解決する話になったのでそのような演出は見られず、その点で少し失速した感もあった。
だけど、それでも最後まで先の気になる展開で楽しめる作品だった。
個人的になかなかの良作だったと思う。
posted by ななな at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
大手のエステ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。